トップへ戻る
HOME 工法紹介 景観舗装
景観舗装

景観舗装

街の景観に貢献するだけでなく、安全対策を考慮した舗装、ヒートアイランド対策を施した舗装等現代のニーズに応えられる工法を弊社では行っております。

  • 歩車道兼用
  • 歩道用

歩車道兼用

  • トゥインクコート
  • コールカットR
  • カラーファルトクリア
  • カラーファルトタフ
  • ポラスモードE工法
  • カラーモードE工法
  • PRMS工法
  • サーモテック

トゥインクコート

昼夜共に視認性向上!街頭の少ない交差点などに最適!

トゥインクコート
概要

トゥインクコート工法は、高い反射性能を持つ硬質骨材を使用した、キラキラ輝く樹脂系すべり止め舗装(ニート工法、薄層カラー舗装)です。
「コールカットR」(樹脂バインダ)を塗布した舗装面に、高反射性骨材である「トゥインクチップ」および、「人工硬質骨材」を散布・固着させることにより、路面の視認性やすべり抵抗性を向上させます。
樹脂舗装技術協会の規格に適合します。

特徴
  • 夜間に街頭の照明や、通行車両のヘッドライトを反射して注意喚起するので、交通安全対策として有効です。
  • 高いすべり抵抗性を有しております。
  • 小面積の施工にも対応できます。
適用箇所
  • 照明の少ない道路、交差点
  • 田舎道、農道
  • 太陽光(昼間)

    太陽光(昼間)

  • ヘッドライト(夜間)

    ヘッドライト(夜間)

コールカットR

スリップ抑制と視認性の向上で安全性UP!

コールカットR
概要

コールカットR工法は、樹脂系すべり止め工法(ニート工法、薄層カラー舗装)です。
「コールカットR」(樹脂バインダ)を塗布した舗装面に「人工硬質骨材」等を散布・固着することにより、路面の視認性、すべり抵抗性を改善します。
樹脂舗装協会の規格に適合します。

特徴
  • 高いすべり抵抗性を有しています。
  • 硬質カラー骨材を使用するため視認性が高く、バスレーンや交差点の注意喚起、舗装のカラー化などに用います。
  • カラーバリエーション(基本色、自然石)があります
  • 小面積の施工にも対応できます。
適用箇所
  • 交差点周辺部
  • バスレーン
  • カーブ部
  • 坂道、山道
  • 歩行者通行帯、自転車道、遊歩道
  • 交差点周辺への適用

    交差点周辺への適用

  • カーブ部減速

    カーブ部減速

  • 坂道への適用

    坂道への適用

カラーファルトクリア

重交通帯こそ見やすく!景観にも優れます!

カラーファルトクリア
概要

カラーファルトクリアは、ポリマー改質アスファルト2型に適合する明色バインダです。
重交通路線に用いる「明色密粒度混合物」に使用します。

特徴
  • 舗装のカラー化により視認性を高め、安全性を向上します。
  • 耐流動性、耐摩耗性に優れ、重交通路線に適合できます。
  • 顔料を添加することで、様々な色彩を持った明色舗装(カラー舗装)ができます。
適用箇所
  • 交差点、バスレーン、トンネル内、駐車場など
  • 玉砂利などの天然骨材を使用した自然色舗装

カラーファルトタフ

上記排水性舗装Verです!

カラーファルトタフ
概要

カラーファルトタフは、「明色ポーラス(排水性)混合物」に使用する明色バインダです。

特徴
  • 一般のポーラスアスファルト混合物と同様に施工できます。
  • 顔料を添加することで、様々な色彩を持ったカラーポーラス舗装ができます。
適用箇所
  • 一般車道部のポーラス(排水性)舗装
  • バスレーン
  • トンネル内の明色舗装
  • カラーアスファルト合材

    カラーアスファルト合材

  • 敷き均し状況

    敷き均し状況

  • 転圧状況

    転圧状況

ポーラスモードE工法

ポーラスモードE工法
概要

ポーラスモードE工法は、ポーラスアスファルト舗装の骨材飛散を抑制する表面強化(排水性トップコート)工法です。
二液硬化型の反応性乳剤を使用しているので、従来(樹脂系トップコート工法)よりも大幅に臭気を改善した環境型の排水性トップコート工法です。

特徴
  • ポーラスアスファルト舗装の「フレッティング(面荒れ)」を抑制します。
  • ポーラスアスファルト舗装の「空隙潰れ」を抑制します。
  • 従来工法が持つ刺激臭がなく、市街地での施工に適します。
  • 湿潤面でも施工が可能です。
適用箇所
  • 交通量の多い交差点や、駐車場の出入り口
  • 高速道路インターチェンジ、サービスエリア進入路
  • 駐車場
  • 交差点部への適用

    交差点部への適用

  • 駅前ロータリーへの適用

    駅前ロータリーへの適用

  • 駐車場での適用

    駐車場での適用

カラーモードE工法

カラーモードE工法
概要

カラーモードEは、アスファルト舗装をカラー化するとともに、舗装表面を強化する「散布式トップコート工法」です。
ポーラスアスファルト舗装には「カラーモードEP」を使用し、密粒度アスファルト舗装には「カラーモードEM」を使用します。
いずれも二液硬化型の反応性乳剤であり、従来の樹脂系トップコートよりも臭気を大幅に改善した低臭型トップコートです。

特徴
  • アスファルト舗装表面を強化し「フレッティング(面荒れ)」を抑制します。
  • 舗装をカラー化することで視認性が向上し、交通安全に付与します。
  • 従来の樹脂系トップコートが持つ刺激臭がなく、市街地での施工に適します。
  • 従来の散布式(塗布式)カラー舗装と比べると、特に強固なカラー皮膜を形成します。
適用箇所
  • 交差点やバスレーンの注意喚起
  • スクールゾーン、駐車場
  • 歩行者通行帯、園路
  • カラーモード散布状況

    カラーモード散布状況

  • カラーサンド散布状況

    カラーサンド散布状況

  • イーグルロードでの供用状況(楽天カラー)

    イーグルロードでの供用状況
    (楽天カラー)

PRMS工法

排水性舗装の復活剤!着色もできます!

PRMS工法
概要

PRMS(パームス)工法は、ポーラスアスファルト舗装の「骨材飛散」と「空隙潰れ」を抑制することを目的として、ポーラスアスファルト舗装の表面空隙に高耐久性の「透水性レジンモルタルを充填」する工法です。

特徴
  • ポーラスアスファルト舗装の「フレッティング(面荒れ)」を抑制します。
  • ポーラスアスファルト舗装の「空隙潰れ」を抑制します。
  • カラー化により視認性が向上し、交通安全に付与します。
適用箇所
  • 交差点
  • 商店街
  • 駐車場、パーキングエリア
  • バスレーン
  • モルタル製造状況

    モルタル製造状況

  • 敷き均し及びすり込み状況

    敷き均し及びすり込み状況

  • 転圧状況

    転圧状況

遮熱性舗装(サーモテック)

道路ができる熱中症対策!

遮熱性舗装(サーモテック)
概要

サーモテックEP、サーモテックEM、サーモテックWは、日射エネルギー量の半分を占める近赤外線を反射することにより、日中における舗装路面の温度上昇や蓄熱を抑制する舗装です。サーモテックEPは施工する路面が排水性舗装の時に、サーモテックEMは密粒度系舗装の時に使用します。サーモテックWはMMA系の二液硬化型樹脂で排水性舗装のみに使用します。

特徴
  • 温度低減効果が得られます。
  • 骨材の飛散を防ぎます。
  • 早期の交通解放が可能です。
  • 沿道の熱環境を改善します。
  • 熱帯夜問題の解消も期待できます。
適用箇所

車道、歩道、自転車道、屋外駐車場、公園等の園路、広場など

  • プライマー散布状況

    プライマー散布状況

  • 樹脂散布状況

    樹脂散布状況

  • 施工面

    施工面

歩道用へ
022-285-1511 メールフォームでお問い合わせ