トップへ戻る
HOME 工法紹介 舗装補修
舗装補修

舗装補修

舗装の破損度合いに応じて様々な工法を弊社では行っております。
舗装の構造強化、リフレクションクラック抑制等の補修だけでなく、環境配慮を目的とした工法が中心となっております。

  • 路上路盤路盤再成工
  • クラック抑制シート工
  • 褥層工(エマルテックSAMI工法)

路上路盤再生工

地震に負けない路盤

路上路盤再生工
概要

破損の進んだ既設舗装をディープスタビライザを用いてそのまま掘削、破砕する際、添加材として適量のアスゾルA(MN-1)ならびにセメントを加え、掘削、破砕、混合を同時に行い、たわみ性に富んだ強固な路盤を再生することです。省資源を指向したリサイクル舗装工法です。

特徴
  • 「グリーン購入法」対応工法となっています。
  • 破損の進んだ既設舗装を再生利用し、強固な安定処理路盤層として蘇らせることができます。
  • 掘削による廃材、残土処理が不要です。
  • 既設舗装をそのまま骨材として利用するので、従来の打換え工法に比較して安価に施工できます。
  • 施工が早く、交通の障害がほとんどありません。
  • アスゾルA(MN-1)とセメントを供用するので、耐久性、耐水性、耐流動性に優れた路盤をつくることができます。
  • セメントを単独に用いた工法のような収縮がないので表層にリフレクションクラックが生じたり、すべりの現象が生じたりする心配がありません。
適用箇所

破損が顕著に見受けられ構造的対策が必要な車道部。

  • セメント散布状況

    セメント散布状況

  • スタビライザによる混合状況

    スタビライザによる混合状況

  • 転圧状況

    転圧状況

クラック抑制シート工

オーバーレイ時に長いクラックを補修!

クラック抑制シート工
概要

ガラス繊維クロスを基材とし、改質アスファルトを含浸させたリフレクションクラック抑制シートで柔軟性に富み、かつ接着性に優れているリフレクションクラック抑制工法です。

特徴
  • シートの引張強度が大きく、優れたリフレクションクラック抑制効果を発揮します。
  • ライフサイクルコストの低減(舗装の長寿命化)します。
  • 切削発生材に含まれた場合でもリサイクルが可能です。
  • 柔軟性に優れており、舗装面とよくなじみます。
適用箇所

劣化ひび割れやわだち割れの発生した舗装。コンクリート舗装またはコンポジット舗装の目地部。

  • プライマー塗布状況

    プライマー塗布状況

  • サミーシート敷設状況

    サミーシート敷設状況

  • 仕上げ転圧状況

    仕上げ転圧状況

褥層工(エマルテックSAMI工法)

広いクラック補修に!排水性舗装用のエマルテック遮水工法も完備!

褥層工(エマルテックSAMI工法)
概要

既設舗装にひび割れが入ったままオーバーレイを行うと表層へ早期にリフレクションクラックが発生します。エマルテックSAMI工法は、既設舗装と表層の間に応力緩和層を形成することにより、リフレクションクラックの発生を抑制して舗装寿命を延ばします。

特徴
  • 応力緩和層を形成し、リフレクションクラックを抑制します。
  • ライフサイクルコストを低減します。
  • 全ての材料がリサイクル可能です。
  • 常温施工のため二酸化炭素の発生が少なく、地球環境にやさしい工法です。
  • スマートで安全な施工方法です。
適用箇所

既設舗装にひび割れが発生している、もしくは可能性のあるところに適用。ただし、路盤の支持力を失っていない箇所に適用する。

  • 特殊改質乳剤・ブラックチップ散布状況

    特殊改質乳剤・
    ブラックチップ散布状況

  • 散布状況全景

    散布状況全景

  • 転圧状況

    転圧状況

022-285-1511 メールフォームでお問い合わせ