調査・設計|東北ニチレキ工事株式会社 宮城県・山形県の舗装。

東北ニチレキ工事株式会社
調査・設計
HOME > 調査・設計

床版キャッチャー

概要
床版キャッチャー 床版キャッチャーは、電磁波技術を活用した非破壊調査で、橋梁床版上面の損傷箇所の範囲と深さを特定できる調査システムです。
 200MHZ~3GHZの周波数帯を高速で段階的に変化されるステップ周波数方式で、1回の測定で3次元の計測データを取得できます。
 小型の手押し型レーダ装置を搭載し、路肩を含めた橋梁床版の全面を測定できます。
特徴
  • 深さ方向1㎝ごとのアスコン層内部および床版上面の損傷範囲が分かります。
  • 橋梁路肩部を含めた床版全面の損傷状況が分かります。
  • 舗装表面の1㎜以上の詳細なひび割れを測定できます。
適用箇所
  • 道路橋定期点検での活用
  • 橋梁補修工事の詳細設計で活用
  • 橋梁補修工事の施工前調査で活用
床版キャッチャー床版キャッチャー

構造キャッチャー

概要
構造キャッチャー 構造キャッチャーは、電磁波調査と小口径ボーリングを併用し、既設舗装構成を道路延長線上に連続して把握し、適切な舗装補修工法を提案する調査システムです。
 舗装構成調査は、材質の異なる境界面で反射した電磁波から、舗装の厚さを推定し、舗装構成の変化点を把握する技術です。
特徴
  • 対象区間全線にわたり、アスコン層厚・路盤厚を把握できます。/li>
  • 舗装構成の変化点を把握し、適切な工区分けを実施できます。
  • 効率的に開削調査地点を決定できます。
  • 埋設されているコンクリート版の位置を効率的に把握できます。
  • 舗装構成調査と同時に写真を記録でき、路面のひび割れ調査が可能です。
適用箇所
  • 既設舗装の舗装構成の把握
  • 埋設されているコンクリート版の位置を把握することで効率的な施工計画の立案
FWD概要図FWD概要図
測定状況高速道路

LY調査(路面性状調査)

概要
スタビセメントRC工法 ロメンキャッチャーLYは、最先端のレーザー計測技術により「路面性状3要素」(ひび割れ、わだち掘れ、平坦性)を非接触で計測し、「MCI」(維持管理指数)を算出したり、高さデータを与えることで切削オーバーレイ工事での「切削ボリューム」を算出することができる調査システムです。
 交通規制を伴わず、自動計測車で走行しながら連続的に計測を行ないます。
特徴
  • 最大時速80kmで幅1mm以上の「ひび割れ」(クラック)をすべて記録します。
  • 光切断方式により、正確な「わだち掘れ」を計測します。
  • 非接触変位計を用い、高精度な「平坦性」を算出します。
  • 走行快適性の評価に利用する「IRI」データを提供します。
適用箇所
  • 舗装修繕工事の事前調査(補修区間選定、切削VOL算出)
  • MCI管理による全体把握と、維持修繕計画の作成
計測状況計測状況
撮影されたひび割れ解析画像撮影されたひび割れ解析画像

ロメンキャッチャー LY Jr.

概要
ロメンキャッチャー LY Jr. ロメンキャッチャーLYJr.は、狭い道路でも安全に調査を実施できる、路面性状自動測定装置の性能確認試験に合格した道路舗装の総点検に適した路面性状測定車です。
特徴
  • 規制することなく、1度の走行で鉛直方向加速度、ひび割れ画像、横断形状を測定車で同時に取得できます。
  • 取得したデータから室内で路面性状を評価できます。
  • 路面の写真を記録できます。
適用箇所
  • 舗装修繕工事の事前調査
  • 路面性状調査
  • 交付金事業、予算要望等の説明資料
FWD概要図EE東北
測定状況EE東北

FWD調査

概要
FWD調査 ロメンキャッチャーFWDは、既設路面に衝撃荷重を与え、衝撃で生じる「たわみ量を計測」する調査システムです。
 たわみ特性から、現位置で舗装の健全度判定(路床CBR、残存TAの推定)ができ、これらのデータに基づいた構造設計を行うことにより、「適切は補修方法を選定」することができます。
 舗装補修事業で、「設計根拠の説明(バックデータ)」として最適です。
特徴
  • 既設の舗装構造(供用状態)に対する非破壊調査です。
  • 計測は1箇所当たり短時間なので、1日100箇所程度の調査が可能です。
  • 既設舗装の破損原因と補修工法の検討を行うことができます。
  • ライフサイクルコスト縮減のため、適切な補修工法を選定することができます。
適用箇所
  • 舗装補修方法の検討
  • 設計に掛かる手間・時間・コストの削減
  • 交付金事業、予算要望などの説明資料
  • 既設の舗装構成および設計CBRが不明、または不均一な路線
FWD概要図FWD概要図
測定状況測定状況

PH調査(路面画像撮影調査)

概要
スタビセメントRC工法 ロメンキャッチャーPHは、計測車を通常速度で走行させながら、「車載型カメラ」で沿道画像を含む「路面状況静止画を5m間隔」で連続撮影する路面画像撮影システムです。
 車載型GPSで取得した位置座標情報と撮影画像をリンクさせ、デジタル地図上に記録することでパソコンで簡単に路面状況の概要把握が可能です。
 撮影した画像データから「ひび割れランク」を判定し、ひび割れ率1要素から簡易的にMCIを求めることも可能です。
特徴
  • 目視調査の手間・時間・コストの縮減できます。
  • 最も安価な路面性状調査手法です。
  • 走行しながら調査行うため、交通規制を必要としません。
適用箇所
  • 既設舗装の供用状況把握
  • 安全施設の状況把握
  • 交付金事業、予算要望等の説明資料
PH-MAPとのリンク画像PH-MAPとのリンク画像
ひび割れ解析画像ひび割れ解析画像

VP調査(段差量・路面画像撮影調査)

概要
スタビセメントRC工法 ロメンキャッチャーVPは、苦情対応や巡回点検の支援を目的に、ロメンキャッチャーPHの機能に、車両振動計測の機能を追加した「段差量・路面画像調査システム」です。
 道路舗装の苦情原因となる路面の凹凸や橋梁ジョイント、施工継目等で発生する車両の上下振動を、加速度計を用いて集積し、段差相当量として算出します。
 車両振動データと画像データと距離整合させることで、広範囲な道路延長を対象に平坦性不良箇所や振動発生箇所等、5m間隔の路面画像データとともに苦情のを発生源を特定します。
特徴
  • 時速20km~60kmの範囲で計測
  • 段差相当量を算出
  • 振動発生位置の特定と、段差箇所の確認
適用箇所
  • 振動苦情箇所の原因特定
  • 交付金事業、予算要望等の説明資料
  • 路面状況の数値化および、近隣住民への説明資料
東北ニチレキ工事 株式会社
東北ニチレキ工事 株式会社
〒984-0831
宮城県仙台市若林区沖野四丁目3番15号
TEL:022-285-1511
FAX:022-285-1527
工法ラインナップ
iso9001を認証取得!
ニチレキ株式会社
岩手ニチレキ株式会社
東北ニチレキ工事株式会社QRコード
このページのトップへ

HOME会社案内工法紹介工事現場は今技術情報誌お問い合わせ個人情報保護方針サイトマップ
舗装修繕工法小規模工法景観工法(車道用 )景観工法 (歩道用)橋面防水工法調査・設計その他の工法

東北ニチレキ工事株式会社
東北ニチレキ工事株式会社
〒984-0831 宮城県仙台市若林区沖野四丁目3番15号
TEL:022-285-1511 FAX:022-285-1527
東北ニチレキ工事株式会社